私の2年

初任者指導教諭として2年。何もわからず、前教頭に、「これを指導すればいいよ」と。いただいたのが、初任段階教諭に指導する内容。A4サイズ一枚。大きい文字で。・学級経営力・授業力・生徒指導・地域連携などと書かれてました。当時は「これで何をどうすれ…

私のゴールデンタイム

私のゴールデンタイム 令和2年となり、妻、息子を寝かしてから仕事等をするようなりました。 思うように進まない。 息子も最近寝るの遅くなった。 それでも、自分の時間を生み出そうとしています。 割には合いません。 だいたいこの時間から1時間が限界。 続…

ショートカットキー

年間指導計画がやっと完成。 ショーカットキーを多用してみました。 「やり直す」→Ctrl+z 「コピー」→ Ctrl+c 「貼り付け」→ Ctrl+v 「アプリの切り替え」→ Alt+Tab なるべくマウスを使わないようにこころがけました。 もちろん、やり方を掴んだこともあ…

初任者の多忙感を分析するには?

『初任者の多忙感を分析するには?』 最近、タイピングにショートカットキーと仕事との能率アップに関わる研鑽をしている。 今頃ではあるが、徐々に効果を実感する。時間が短くなる。ストレスが軽減される。イライラしない笑笑 まだまだ自分の伸びしろを感じ…

斎藤一人さん 『人生に成功したい人が読む本』

今年の目標の一つに読書50冊です。 低いかもしれませんが笑笑 昨年までは、教育書ばかりだったので。 スキルアップ、自己啓発、ビジネスの本にも挑戦しようと思いました。 四十路近い人間のくせに視野が狭い私です。 ほんのちょっとですが、アウトプットした…

来年度に向けて

見直す見直すと言いながら今に至るものがあります…。 それは来年度の初任段階研修の計画案です。 まずは、今まで指導を整理することが急務です。 この2年間思いつきばかりでした。 初任者の先生のキャラクターの知りたいことに合わせた内容もありますが、 共…

タイピングができない指導教諭

生産性のない投稿ですが。ご容赦ください。 そういえば、我が家にも新しいパソコンがやってきまして。 メール設定がうまくいかず、初めてプロバイダーのチャットサポートを活用してみました。 結論、解決したのですが、相手方のタイピングが早い早い。 まる…

職員室の冷蔵庫が!

今年の初出勤日、ある先生が職員室の冷蔵庫を掃除していました。冷蔵庫の中が大変な状態になっていました。中には、梅干しくらいのカビが生えていたお茶なんてありました。賞味期限、消費期限が切れているものもたくさん。中には、賞味期限、 消費期限が明記…

教師が実際に作る必然性

働き方改革と叫ばれている一方で、「そんなの、 やらなくていいじゃん。」 と勘違いをする初任段階教諭が増えることが心配です。 もちろんできる範囲でですが。 版画1時間目の指導を参観した日のこと。 教科書を用いながら、今回の版画について説明し、 設…

令和2年の思い 今年の所信表明

いよいよ本格的に出勤。 少しずつ仕事モードに。 令和2年がスタートし、今年自分が頑張りたいことを述べたいと思う。 ①読書年間50冊へ 早速、今年1冊目の本を読み終えた。 これを生かさないと、 読書スピードをあげたい。 読みたい本がたまりにたまっている…

おしゃべり授業だと認識せよ

おしゃべり授業 自分も昔そうですが、初任段階、特に1、2年目のみなさんに共通して言えるのが「 しゃべりすぎ」、俗に「おしゃべり授業」です。 授業を見ていると 「そこは、 子どもに言わせようよ~~~。」 と思うことがよくあります。 また、「そこは繰…

発問を上達させたい前に

発問 発問の中身の話をよく振り返る場面があります。 もちろんそのことに否定はしませんが。 発問の中身を追究するとよりも、発問をいう環境をまずは、振り返ってみましょう。 ①1回だけで、子ども全員に届いているか?。(2回以上言うと、連打になります。…

工夫ってなんだろう?

○「工夫」って? 国語では目標、評価規準によく「工夫」って書いています。 ところで、「工夫」っていったいどういうことなのでしょう? 「 子どもがこういう状態になったら工夫だ」。 つまり、 評価規準を明確にすると、それを指導することができますね。 …

全ての活動に意図を

全ての活動に意図を持つこと この言葉は4月10日に授業を見た初任段階教諭に指導し、ノートに記入していました。 本校の第3回学校公開の時にも指導主事がおっしゃっていた内容でした。 正解、 不正解というレベルは求めません。 それは、 子どもの事実で判…

反省

モチベーションが上がらない日々だった。 何をしてもダメな感じ。 そんな日々が続いていた。 やっと、目が覚めた感じ。 やれることからやろう。 やることを整理しよう。 そして、あの子たちのために。 まずは対話から。 初心に戻る。 担任から離れて5年。 こ…

指導言1

説明が長いです。 どの場面でもそうですが、 初任段階教諭のみなさんは基本的に説明が長いです。 指導言について、私は初任段階教諭として「 発問・指示・説明・質問・価値づけ・冗句」 の6つを意識して欲しいと考えてます。 説明は長くても30秒。 それ以…

男女交流

男女交流の様子 今現在男女交流は上手く行っているでしょうか? 当たり前のように、男女が交流できるクラス。 なかなか、初任段階教諭のクラスでは見受けられません。 男女が別々に交流する。 しかも同性同士なのに固定化する。 このように、今現在男女交流…

どこでつまずいているこか?

この時期になると 「この子はここでつまずきそう。」 「全体でも、 みんなここは苦手かもしれない」 という予想がついてきていると思います。 つまり、「 子どもがこうなるかもしれない」 と予想ができるようになっているはずです。 「だから、 ここはグルー…

実際何人やっているのだろうか?

例えば、 「姿勢を整えてください。」 「テレビを見なさい。」 という指示をします。 おそらく、理解を促そうとする指示です。 ここは、話を聞いてほしい、 これで理解できる そういう意図がありますよね。 ただ、 その指示に従っていない人は、何人か必ず、…

教室カースト

教師は評価者。 山田洋一先生の言葉である。 私たちは子どもたちの行動を価値付けることも役目。 今の意見はいい。 あなたの行動は立派。 評価をする事で、子どもたちを頭、心、体を健全な成長へと導くものである。 教師は教室カーストで、 ヒエラルキーで常…

見える学力

初任段階の先生の悩み。 算数。 1人は数学的な考え方。 もう1人は技能の点数が低い。 どちらも、これをやれば上がる! というものはない。 事前にテストをコピーして、再度テストをすれば点数は上がるかもしれない、 でも、それはうわべだけ。 だけど、算数…

この時期

11月危機。 この言葉を知ったのは今年の話し。 経験上この時期に学級のが荒れるのよくわかっている。 原因はいくつも考えられる。 私はこの言葉は教師側の問題から起きるものだと考える。 学芸会に目が行きがちで、普段の授業が手を抜きがち。 学芸会の子…

第3回学校公開

本校の第3回学校公開。 3年目、5年目、研修部長が授業を公開してくださった。 5年目の先生の特設授業参観、研究協議後に1、2年次に感想を聞く。 1年次は 落ち着いて授業をしてました。 よかったです。 結局あの授業はどうしたらいいですかね? という感じ…

再始動

私の尊敬する先輩方の授業を見て、その学級経営はやはり目指すべき像であると再確認しました。 今週は初任のクラスにて授業を参観していたところ、とても違和感を覚えました。 以前、テストの結果がよくないと落ち込む初任がいました。 自分の授業展開の改善…

自分の苦い経験から生まれる初任段階研修

国立教育政策研究所「学習評価の在り方ハンドブック」と言うのを知っているだろうか? 初任段階の皆さんは、目を通すべき。 http://www.nier.go.jp/kaihatsu/shidousiryou.html 昔、あゆみの成績の評価で挙手する子、発言する子、忘れ物がない子、提出物を期…

成長

本日は拠点校となる学校の公開研究会。 1年次、2年次、計3名の先生が授業公開を行った。 本校の初任段階教諭より、関わりが少ないが。 気が気でなく、こちらも緊張。 大きなミスがなく無事に終わり安心。 四月から、今日のために色々と試行錯誤しているはず…

整理することへ

北海道の初任段階研修は、経験年数によって、指導する時数が異なる。他の県も同じことではあるだろうが。特に、学校で行う学校計画研修は指導事項のようなものはあるが、基本学校の裁量に任されている。昨年度は1年次、今年度は1・2年次+近隣校の初任段階…

見えたものを具現化へ

今週は、初任者研修用パワポ作りに時間がかかる。 30分の研修に向け3日も費やした。 テーマは全国学力学習状況調査。 全国、北海道、本校の順に説明。 目指すは初任段階教諭が2校目に赴任するまでに、結果をもとに、授業改善ができる教師へ。 この、目指…

奮い立たせる向上心

再開という名のもと2ヶ月。 このブログ。 そして、読みたい本と資料。 手をつけず日々が過ぎた。 気持ちはあるが、行動に移せない。 初任段階教諭もきっと同じだろう。 なのに、 沢山のことを求め、あれもこれもと押し付ける自分。 応えようとするが、日々の…

再開します。

忙殺。 新学期が始まり1学期が終わる。 何とあっという間だったか。 今年度も初任段階指導教諭。 昨年と今年度、思いつきばかりの指導を繰り返してきた。 野中信行先生 山田洋一先生 横藤雅人先生との出会い。 教えていただいたことと、自分指導をつなげる…