整理することへ

北海道の初任段階研修は、経験年数によって、指導する時数が異なる。他の県も同じことではあるだろうが。特に、学校で行う学校計画研修は指導事項のようなものはあるが、基本学校の裁量に任されている。昨年度は1年次、今年度は1・2年次+近隣校の初任段階教諭もいつでも来てもらっていい形式をとっている。初任者研修のために作成したパワポはおよそ100。今年出している初任段階段階研修通信はすでに250。授業参観とフィードバックは400。数をこなしていくうちに、系統性、順次性そういうものが見えてくる。これを一つのネタとして、まとめることが今年度のゴールになるであろう。今までの指導を見返す必要がある。ただし、意見交換ができる機会がない。自分のやっていることが正しいのかしょうじき見えない。自分だけのリフレクション。それだけでほぼ、来年度の計画を立てなくてはいけない。やらなくてはいけないもの、やりたくてやったものそこから分類する必要がある。とはいえ、時間がない。少しずつでもやっていかねばと毎日思う。