男女交流

男女交流の様子

 

今現在男女交流は上手く行っているでしょうか?

当たり前のように、男女が交流できるクラス。

なかなか、初任段階教諭のクラスでは見受けられません。

 

男女が別々に交流する。

しかも同性同士なのに固定化する。

このように、今現在男女交流が良好ではないのであれば、 本音を言うとあまり改善が望めないです。

もし改善したいならば、2学期は捨てる。

というかその場面を作らない。

3学期に再指導すべきです。

残念ながらそちらの方が得策です。

(とはいえ、 3学期に再指導してま効果はもう微々たるものです。)

 

もし、今皆さんに、「 男女の交流はどうですか?」と質問して、

何も答えられない、 わからないのであれば、

見取りがあまりされていません。

 

きっと、見取りはあなたの苦手分野だと考えます。もしくは、「 意図がない」と捉えることができます。

そのままにせず、この点については、 できるようにならなければなりません。

話が少しそれますが、「交流」 に意図がないと全く意味をなしません。

 

「 何となくペア活動をした」のであれば、効果はさほどありません。

おそらく、教師の時間合わせが多いです。

今まではそれでもよかったと思います。

ですが、かならず「意図」 を持って下さい。

その意図が「本時の目標に到達するもの」 にしてください。

それがなければ、「 アクティブラーニングの負の状態」になります。

だって、 算数の時間に「 アンパンマンの好きなキャラクターをペアで話してください。」 と言ったら、みなさん絶対それはないって言うでしょう?

その感覚です。

 

にほんブログ村 教育ブログ 教師教育・教員養成へ
にほんブログ村