いっぽいっぽ

初任者指導教諭のブログです。日々の指導。思想がメイン。是非繋がりましょう!

私の2年

初任者指導教諭として2年。
何もわからず、
前教頭に、
「これを指導すればいいよ」と。
いただいたのが、初任段階教諭に指導する内容。
A4サイズ一枚。
大きい文字で。
・学級経営力
・授業力
・生徒指導
・地域連携
などと書かれてました。
当時は「これで何をどうすればいいのか?」めちゃくちゃ混乱しました。
だけど、それ以上何も言わず、自由にやらせてもらえたおかげで、ゼロから作り出している感覚。
本当に有意義な時間を過ごせました。

 

1年目
全体での初任者研修は思いついたら、パワポを作る。
ただ作る。
中身ない。
まとまってない。
初任者の目が魚になる。

 

 

授業を見たらダメだし。
しかも、授業中に。
自分に知識がないから具体的なアドバイスできず。
初任者を救うこともできず。
もう1人は放任。
まあ、頑張れが口癖。

失敗ばかり。
準備不足。
目的も求める教師像も無い。

それでも、最後まで私を指導教諭としてみてくれたこと。
お礼を言われたこと。

何も出来なかった自分への憤り。
同時に先生を育てたいというエゴが生まれる。
この道に進みたいと願う。

 

 

2年目
初めてからたくさんのことをやろうと決める。
が、初任者スペック以上を求め過ぎパンク。
一方的だった自分。
ついてこれるはずない初任者。

全体での初任者研修はパワポをバージョンアップ。が、寝る初任者続出。
ある先生から指摘いただいた、目指す教師像について答えることができるよう意識。

2年次用のパワポを作成の中に必ず、2年目が終わった時の教師の姿を提示。

 

 


まだ、そこまで。
だけど少し、指導の系統性がわかった。

リフレクションもあまり機能しない。

結局いっぱい指導してしまう。

どんどん悲しい顔になる初任者。
明日につながらない指導ばかり。
小言に耳をふさぐ初任者。

ただ、たくさんのつながりが新たな考え方を生み出してくれた。
先輩先生のクラスの事実を見させてもらい具体的な目標ができた。

 

薄っぺらで初任者にとっては押しつけだが、初任研通信も400号は達成間違いなし。
実はどちらかというと自分のアウトプットのためが本音笑笑。

ここからは仮定の話。
三年目に向け、
まだまだ足りない点が明確に。
スキルアップが急務。
タイピング。
ショートカットキー。
プレゼン能力。
対話力。
指導の系統性。
インプットにアウトプット。

今が学びたい意欲満点。
絶頂期。

 

 

にほんブログ村 教育ブログ 教師教育・教員養成へ
にほんブログ村