実際何人やっているのだろうか?

例えば、

「姿勢を整えてください。」

「テレビを見なさい。」

という指示をします。

 

おそらく、理解を促そうとする指示です。

ここは、話を聞いてほしい、

これで理解できる

そういう意図がありますよね。

 

ただ、 その指示に従っていない人は、何人か必ず、確認をしましょう。

 

ここに力を入れることができないと、学級が荒れますし、「低位児童にアウトプット」 は絶対に成立しません。

 

勝負ポイントです。

10人指示に従わなければ、もう赤信号です。

授業が成立していません。

5人であれば黄色信号です。

 

そのために、「指示―確認」の原則、そして「待つ」 ということが大切になります。

にほんブログ村 教育ブログ 教師教育・教員養成へ
にほんブログ村